筋肉

筋肉

no image

筋肉

2018/6/15

膝窩筋のトレーニング法

膝窩筋の役目・役割 膝ウラのすぐ下に位置している膝窩筋(しっかきん)は、腓腹筋の下にあるインナーマッスルで、腓腹筋に覆われているため、触診でこの筋肉に触れることは難しいという特徴があります。 膝上にある大腿骨から、ひざ下にある脛骨まで伸びていて、ハムストレリングが使われる時には補助的な役割を果たしますし、膝の屈曲など膝関節を動かす時にも、この筋肉が使われます。 関節を2つまたいでいる筋肉は二関節筋と呼ばれますが、膝窩筋の場合には二つの関節をまたいでいるわけではないため、単関節筋に分類されています。 ひざの ...

腓腹筋

筋肉

2018/6/26

【図解】下腿三頭筋(ヒラメ筋・腓腹筋)ふくらはぎ筋トレとストレッチ

うっしー下腿三頭筋は、ふくらはぎの筋肉だ。ヒラメ筋と腓腹筋(ひふくきん)の2つの筋肉で構成されているぞ。 下腿三頭筋(ヒラメ筋・腓腹筋)のデータ【位置・役割】 下腿三頭筋(ヒラメ筋・腓腹筋)はふくらはぎの筋肉だが、正確にはひざ裏からかかとまで走る長い筋肉です。 ふくらはぎに膨らみを持たせるアウターマッスルの腓腹筋は内側頭(ないそくとう)と外側頭(がいそくとう)の2つに分かれていて、インナーマッスルで平べったいヒラメ筋を加えた3つからなるので三頭筋と呼ばれています。 うっしーヒラメ筋と腓腹筋は、下部で一緒に ...

no image

筋肉

2018/6/15

【図解】内転筋※筋トレで美脚やバランス力UPする鍛え方

うっしー内転筋群は、内ももにある5つの筋肉の総称だ。スポーツで活躍するし、女性の美脚にも欠かせない筋肉だ。 ほそみ内転筋が引き締まると、太ももにスキマができるんだよ。 内転筋は内転筋群とも呼ばれていて、長内転筋、大内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋で構成されています。 日常生活で必ず使っている筋肉ですが、意識して使うことがほとんどないので、ゼヒとも引き締めたい筋肉です。 内転筋データ【位置・働き】 内転筋で美脚づくり・太もも痩せ♪ 内転筋でダイエットしよう 内転筋トレーニング~太ももダイエットからスポーツまで ...

no image

筋肉

2018/6/15

【図解:ハムストリング】太もも裏の自重筋トレとストレッチ方法

うっしーハムストリングは、太もも裏の筋肉だ。比較的体積の大きい3つの筋肉の総称だぞ。 太ももウラのハムストリングは、半膜様筋(はんまくようきん)・半腱様筋(はんけんようきん)・大腿二頭筋(だいたいにとうきん)の3つで構成されています。 ハムストリングのデータ【位置・働き】 ハムストリングが固くなる原因~固いもも裏に柔軟性を! スポーツ注意!ハムストリングは肉離れしやすい 【自宅筋トレ】ハムストリングの自重トレーニング ハムストリングのストレッチ~誰でも知ってるあの動き ハムストリングのデータ【位置・役割】 ...

no image

筋肉

2018/3/12

大腿四頭筋の筋トレ※最大の筋肉を鍛え上げろ!

大腿四頭筋の役目・役割 大腿四頭筋は太ももの前面に位置している大きな筋肉で、ほぼすべてのスポーツに大きな関係がありますし、日常生活でも歩いたり走ったり足を使う動きをする際にも必要となる筋肉です。 大腿四頭筋はいくつかの層になっていて、大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋で構成されているのが特徴です。 大腿四頭筋の主な働き 大腿四頭筋は、膝を伸展させる際に使われる筋肉ですが、大腿四頭筋の中でも大腿直筋は股関節の動きにも連携しています。 日常生活やスポーツでは、歩いたり走ったりする際のスピード調整では大腿四 ...

手指の筋肉

筋肉

2018/6/26

握力UPの筋力トレーニング※手の筋肉一覧と働きも図解で網羅

うっしー 手指は、たくさんの小さな筋肉がそれぞれ異なった役割を果たしながら複雑に動いているんだ。 ここでは、19個の筋肉の位置や働きと、鍛え方を紹介するぞ。 手指を動かす筋肉19個【位置と働き】 手指と手関節を動かす筋肉はすべて、肘から手指までの「前腕(ぜんわん)」にあり、前腕の筋肉をざっくり大別すると次の4つに分けることができます。 手首を動かす筋肉 親指を動かす筋肉 親指以外を動かす筋肉 手首と指を動かす筋肉 このうち、1は肘・手首を動かす筋肉としてこちらのページで紹介し、2~4についてはこのページで ...

no image

筋肉

2018/6/15

手首を鍛える!スポーツで結果を出す筋トレとストレッチ法

うっしー手首を動かす筋肉のうち、肘関節から伸びている6つの筋肉を紹介するぞ。肘の動きにも関与している筋肉もあるんだ。 手首を動かすとき、幅広くかつ多くの筋肉が使われていて、手首の周りだけではなく肘の部分から伸びている筋肉もあります。日常ではそれほど重要視されない筋肉ですが、スポーツ面での役割は重大。 ここでは、手首を動かす6つの筋肉(橈側手根屈筋・長掌筋・尺側手根屈筋・尺側手根伸筋・長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋)を紹介します。 1:橈側手根屈筋 橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)は、肘の部分にある ...

no image

筋肉

2018/6/15

肘関節の筋肉一覧とスポーツでの役割

うっしー肘の小さな筋肉をまとめて紹介するぞ。 肘回りには、補助的な小さな筋肉が4つ(円回内筋・肘筋・回外筋・方形回内筋)あり、上腕の筋肉(上腕二頭筋や上腕三頭筋など)が伸び縮みした際に動いてサポート的な役割をしています。 肘回りの筋肉は、単体で大きな力を生まないうえにマイナーな存在ですが、上腕の筋肉がチカラを発揮する補助役であったり、腕・肘の複雑な動きに必要なので、スポーツのパフォーマンスを120%発揮するために大切な筋肉群です。 うっしー方形回内筋(ほうけいかいないきん)は手首にある筋肉だが、前腕を回す ...

no image

筋肉

2018/6/15

腕橈骨筋の鍛え方と役割※腕を使うスポーツする方へ

うっしー腕頭骨筋は、肘を動かす筋肉群の1つ。手首を回して手をくるくるひらひら動かすための筋肉でもあり、知らずのうちに日常で大活躍しているんだ。 腕橈骨筋の役目・役割 腕橈骨筋(わんとうこっきん)とは、上腕骨の外側上顆から、肘の下にある上腕骨外側下部まで伸びている筋肉です。分かりやすく言えば、二の腕の中心ぐらいの位置から手首のすぐ上まで伸びている長い筋肉となります。 肘周辺にはたくさんの筋肉がありますが、上腕骨の端から橈骨の端まで長く走っているのは腕橈骨筋しかありません。肘の上下にまたがって位置しているため ...

no image

筋肉

2018/6/15

上腕筋の鍛え方※スポーツで勝つためのマイナー筋肉!

うっしー上腕筋は上腕骨にべったりくっついている筋肉だ。上腕二頭筋とは違うから間違えないで欲しいな。 上腕筋の役目・役割 上腕筋は、上腕骨前面の中央あたりから始まって、ひじ関節まで伸びている筋肉です。 上腕には上腕二頭筋もありますが、上腕筋は上腕二頭筋の奥にあり、上腕骨を覆うように位置しているのが特徴です。 形は扁平で、トレーニングをしても上腕二頭筋のようにパンプアップしやすい筋肉ではありませんが、肘の関節を屈伸する際には大きく貢献してくれます。 上腕筋の主な働き 上腕筋は、上腕二頭筋と同様に、モノを持ち上 ...