筋トレ&ダイエット。3ヶ月でカラダが生まれ変わる。

カラダメイクラボ

筋肉

筋肉

no image

筋肉

2018/6/15

手首を鍛える!スポーツで結果を出す筋トレとストレッチ法

うっしー手首を動かす筋肉のうち、肘関節から伸びている6つの筋肉を紹介するぞ。肘の動きにも関与している筋肉もあるんだ。 手首を動かすとき、幅広くかつ多くの筋肉が使われていて、手首の周りだけではなく肘の部分から伸びている筋肉もあります。日常ではそれほど重要視されない筋肉ですが、スポーツ面での役割は重大。 ここでは、手首を動かす6つの筋肉(橈側手根屈筋・長掌筋・尺側手根屈筋・尺側手根伸筋・長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋)を紹介します。 1:橈側手根屈筋 橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)は、肘の部分にある ...

no image

筋肉

2018/6/15

肘関節の筋肉一覧とスポーツでの役割

うっしー肘の小さな筋肉をまとめて紹介するぞ。 肘回りには、補助的な小さな筋肉が4つ(円回内筋・肘筋・回外筋・方形回内筋)あり、上腕の筋肉(上腕二頭筋や上腕三頭筋など)が伸び縮みした際に動いてサポート的な役割をしています。 肘回りの筋肉は、単体で大きな力を生まないうえにマイナーな存在ですが、上腕の筋肉がチカラを発揮する補助役であったり、腕・肘の複雑な動きに必要なので、スポーツのパフォーマンスを120%発揮するために大切な筋肉群です。 うっしー方形回内筋(ほうけいかいないきん)は手首にある筋肉だが、前腕を回す ...

no image

筋肉

2018/6/15

腕橈骨筋の鍛え方と役割※腕を使うスポーツする方へ

うっしー腕頭骨筋は、肘を動かす筋肉群の1つ。手首を回して手をくるくるひらひら動かすための筋肉でもあり、知らずのうちに日常で大活躍しているんだ。 腕橈骨筋の役目・役割 腕橈骨筋(わんとうこっきん)とは、上腕骨の外側上顆から、肘の下にある上腕骨外側下部まで伸びている筋肉です。分かりやすく言えば、二の腕の中心ぐらいの位置から手首のすぐ上まで伸びている長い筋肉となります。 肘周辺にはたくさんの筋肉がありますが、上腕骨の端から橈骨の端まで長く走っているのは腕橈骨筋しかありません。肘の上下にまたがって位置しているため ...

no image

筋肉

2018/6/15

上腕筋の鍛え方※スポーツで勝つためのマイナー筋肉!

うっしー上腕筋は上腕骨にべったりくっついている筋肉だ。上腕二頭筋とは違うから間違えないで欲しいな。 上腕筋の役目・役割 上腕筋は、上腕骨前面の中央あたりから始まって、ひじ関節まで伸びている筋肉です。 上腕には上腕二頭筋もありますが、上腕筋は上腕二頭筋の奥にあり、上腕骨を覆うように位置しているのが特徴です。 形は扁平で、トレーニングをしても上腕二頭筋のようにパンプアップしやすい筋肉ではありませんが、肘の関節を屈伸する際には大きく貢献してくれます。 上腕筋の主な働き 上腕筋は、上腕二頭筋と同様に、モノを持ち上 ...

no image

筋肉

2018/3/12

上腕三頭筋(二の腕)に効く筋トレ全集と小話

上腕三頭筋の役目・役割 上腕三頭筋は肘の周囲に位置する筋肉で、上腕に存在する筋肉群の中では体積が最も大きい筋肉として知られています。 三頭筋には長頭、外側頭、内側頭があり、肩甲骨につながっているのは長頭、内側頭と外側頭は、肘の関節を使う動きをする時に貢献している筋肉です。 表皮に近い部分に位置する大きな筋肉なので、トレーニングするとすぐに筋肉の成長具合を自覚できるというメリットがありますが、負荷がかかりすぎると筋肉のダメージとなってしまうので、トレーニングの際には、角度や負荷などに気を遣うことが必要です。 ...

no image

筋肉

2018/3/12

力強い上腕二頭筋になる自重&ダンベル筋トレ厳選!

上腕二頭筋の役目・役割 上腕二頭筋は、肩と肘の間の上腕部の表面に近い部分にある大きな筋肉で、力こぶを作るために使われる筋肉としても知られています。 上腕二頭筋は短頭と長頭との2つの部分で構成されていて、この二つは肘から伸びて肩の関節をまたがっているのが特徴です。 トレーニングをすることによって筋トレ効果が分かりやすい筋肉の一つなのですが、筋肉が大きく腕にかかる負荷をもろに受けやすい場所でもあるため、ダメージを受けやすい筋肉でもあります。 上腕二頭筋の主な働き 上腕二頭筋は、肘をまげてものを持つ時によく使わ ...

no image

筋肉

2018/3/12

烏口腕筋の鍛え方※腕を振るスポーツしてる方へ

※烏口腕筋は、肩から伸びて上腕で止まるインナーマッスルです。名前に「腕筋」とありますが、肩関節屈曲筋群の1つなので当サイトでは肩の筋肉として紹介しています。 烏口腕筋の役目・役割 烏口腕筋(うこうわんきん)は、肩甲骨から上腕骨の中央部まで伸びている小さな筋肉です。 肩の関節を水平に内転する際に大きな役割を果たしますが、その他の動きでは、上腕二頭筋など大きな筋肉のアシスタント的な役割を果たします。 インナーマッスルなので、どの動きをすればこの筋肉にどのぐらいの負荷がかかるのかは把握しにくいのですが、腕の内転 ...

no image

筋肉

2018/6/26

鎖骨下筋の筋トレ鍛え方※腕を動かすスポーツで地味に活躍

うっしー鎖骨下筋は、その名のとおり鎖骨の下を沿うように左右に伸びている筋肉だ。腕をダイナミックに動かせるのも、鎖骨下筋のおかげ。縁の下の力持ち的存在だぞ。 鎖骨下筋の役目・役割 鎖骨下筋とは、胸と肩をつなぐ役割をしている鎖骨のあたりにある筋肉で、大きさはそれほど大きくはありません。 周囲にある大胸筋や小胸筋などと比べると、かなり地味な印象のある筋肉なのですが、動物と人間とで大きく異なる動きをするために、なくてはならないインナーマッスルです。 鎖骨が外側に引っ張られてしまうのを予防したり、胸骨を保護する役割 ...

no image

筋肉

2018/6/15

前鋸筋のトレーニング※腕を使う動作が早く正確になる!

うっしー前鋸筋は、脇の下かつ背中側面上部にあるインナーマッスルだ。肩甲骨外転筋群の筋肉なので、肩の筋肉として紹介させていただくぞ。 前鋸筋の役目・役割 前鋸筋(ぜんきょきん)は、肋骨から肩甲骨に向かって伸びている筋肉で、ボクサー筋と呼ばれることもある筋肉です。 体の表面にある大きな筋肉ではなく、インナーマッスルなので、トレーニングをしてもはっきりとその効果が目視できるわけではありませんが、鍛えておくと脇の下のあたりを引き締まってくるので、トレーニング効果をチェックすることができます。 これは腕を伸ばす際に ...

Copyright© カラダメイクラボ , 2019 All Rights Reserved.